ワンストップで海外進出を全面サポート。コンサルタントと企業が一体となって、海外進出の「第一歩」を歩みだす。

サービス
国際ビジネス支援
課 題
グローバルの課題を解決したい
業 種
製造業・サービス業を中心としたさまざまな業種

システム開発
A社

課題

グローバル市場の開拓を目的として、中国での事業展開を検討。進出業種は、中国国内で「独資(外資100%)」設立はできない規制があるため、中国パートナー会社と「合弁会社」を設立する。設立後の運営体制の構築、パートナーとの役割分担も重要な課題となってくる。

施策

本プロジェクト専任の中国人コンサルタントを企業に派遣。同時に、日本および中国で専門家チームを組成し、進出の各段階のニーズに合わせて、総合的にバランス良く中国進出事業をサポート。

結果

合弁会社の設立がスピーディーに完了。運営体制が構築され、中国事業は順調に第一歩を踏み出した。

設立に立ちはだかる「壁」を超える

中国外資投資の規制業種にあたるため、合弁の方式を取った。中国現地に合弁パートナー候補がおり、共同で事業を行う意思表示を示していたが、詳細なプランは持っていなかった。

中国の業界規制や政策を調査したうえで、数パターンのスキーム案と検討課題を抽出、整理した。これに基づき、中国パートナー会社と定期的に会議を開催し、意見調整と合弁条件の協議を進めた。同時に、中国パートナー会社との交渉材料として、合弁後の「事業計画」シミュレーションの支援を実施した。

合弁への道のり

当事者間で合意した条件で、合弁契約書の作成サポート、会社設立のスケジュール調整・管理を全般的に支援。

会社を設立すると同時に、現地法人の運営体制構築の準備を進める。中国パートナーとの役割分担、人員配置、組織構成などについて、粘り強く協議と交渉を繰り返す。また、現地法人の社内規程(労務・人事・会計経理等)の作成、日本からの赴任者選任と海外赴任の給与システム設計、赴任準備、および中国国内での社員移籍などを進める。

単なる「箱」ではない、「魂」の入った現地法人が設立。ここからがスタート。

中国現地法人が設立した後、日本本社から現地法人への技術指導やライセンス許諾が必要となるため、関連した契約書の作成支援を行った。また、グループ間で国をまたぐ取引が発生するため、移転価格の税制対応を支援。

設立・体制構築完了後も、定期的な事業計画のモニタリングや、現地運営に関する助言・相談について、アドバザリー顧問の形でフォローしている。

本案件は当社プロジェクトチームの支援のもとで、検討段階から実行・運営まで「ワンストップ」で対応。順調に海外への第一歩を踏み出した。その後も事業発展のステップに応じて随時相談、サポートができる体制になっており、安心度が高い。

関連する事例紹介

関連するコンサルタント

関 一則 Kazunori Seki

董事長兼総経理
みらいコンサルティング株式会社
取締役

専門分野
国際ビジネス支援

詳細を見る

松本 太一 Taichi Matsumoto

専門分野
国際ビジネス支援 ,経営改善 ,成長戦略

詳細を見る

田村 聡一郎 Soichiro Tamura

専門分野
国際ビジネス支援 ,経営改善 ,IPO支援

詳細を見る

ご相談やお見積もりなど
お気軽にお問い合わせください

電話での
お問い合わせ

03-6281-9810

WEBからの
お問い合わせ