海外赴任に関する税務と労務の総合的な対策の実行

サービス
国際ビジネス支援 , 会計税務支援
課 題
グローバルの課題を解決したい

製造業
D社

課題

海外進出に伴う税務リスクの管理

海外現地法人の設立、運営には、優秀な人材が欠かせません。情報通信技術の発展は目覚ましいものがありますが、豊富な経験に基づく正確な判断力をもつ人材の現地赴任が無ければ、事業を成功に導くことができません。

中小企業であるD社は、海外に製造子会社を有していますが、人的資源や資金は限定的であり、子会社に多くの資源を投入する余裕はありませんでした。そのため海外赴任に関する制度を充分に検討することができず、国際的な税務や人事労務の諸問題が生じてしまい、海外赴任者が本業に専念させられない状況となっていました。

そこで、海外赴任に関連する国際税務、国際人事労務に関する豊富な対応実績を持つみらいコンサルティングがD社に適した総合的対策を提案しました。近年増加している海外赴任に関連する税務と労務の問題は、日本国内での対応とは異なる側面が多くあり、法人税、個人所得税、人事労務の観点を考慮した総合的な対応が不可欠です。また、日本側だけでなく海外現地法人の立場も考慮に入れることで、D社にとってより現実的な制度の設計とすることを可能にしました。

関連する事例紹介

ご相談やお見積もりなど
お気軽にお問い合わせください

電話での
お問い合わせ

03-6281-9810

WEBからの
お問い合わせ