みらい経営者 ONLINE

経営課題の発見・解決に役立つ情報サイト

みらい経営者 ONLINE

  1. 深センEYE ~グループチャットを利用した個人規模のサイドビジネスモデル~

Professional Eyesプロが語る経営のヒント

2019.11.20

深センEYE ~グループチャットを利用した個人規模のサイドビジネスモデル~

中国IT大手のTencentのメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」の2018年利用レポートによるとWeChatの月間アクティブユーザー(MAU)は10.82億人に達している。
(ちなみにLINEの2019年第一四半期のMAUは8,000万人。) WeChatもLINEも単なるメッセンジャーアプリの枠を超え、幅広いビジネス領域に進出しているが、今回は、WeChatの「グループチャットを利用した個人規模のサイドビジネスモデル」に注目してみた。
まず、グループの設定であるが、完全に知らない赤の他人をグループに入れるのではなく、「特定エリアのオフィスに入居している企業に勤めている人々」をターゲットにしている。
例えば、MICSがある深圳湾ソフトウェアパークには18棟の建物があるが、WeChatで商売をしたい花屋は、オーダーは全部グループチャットで取った上で、この18棟だけにお花を配達しているのである。
実際にグループチャットのスクリーンショットでみていただけるだろうか。

 

 

さて、この花屋のビジネスモデルを分析してみると以下のとおり。

・深セン南山区ソフトウェアパークだけで、少なくとも1290名のユーザー(顧客候補)を確保している。
(1グループは500人以内との制限があるので、3グループ目の290名+1と2の各500名で合計1290名という計算)
・朝一番で当日の花とその値段をグループ内で公開して、予約を取ることができるので、補充・在庫管理がやりやすい。(花は生ものですし)
・グループチャットで鮮度等の情報がリアルタイムにあがってくるので、購入者達も判断しやすいし、安心感を高められる。(いわゆる、口コミ)
・花だけではなく、花以外のもの(たとえば、果物)を販売し、売上を伸ばすことができる。
・最近は生け花教室も予約受付している。

 

IT会社、ベンチャー企業、投資会社等が立ち並ぶ園区内で、電動自転車で花を配達するだけ充分な商売ができる、というのも、深センらしさではないだろうか。

専門家へのお問い合わせ

姜 香花

姜 香花
Kan Koka

唯来企業管理咨詢(深圳)有限公司 副総経理

PREV
感動を超えた顧客体験とは
LIST
一覧へ

ページトップへ