みらい経営者 ONLINE

経営課題の発見・解決に役立つ情報サイト

みらい経営者 ONLINE

  1. Wechat&「企業Wechat」

Professional Eyesプロが語る経営のヒント

2020.06.17

Wechat&「企業Wechat」

毎月のアクティブユーザー数が11億5千万人以上になっている中国Tencent社のWechatアプリは既存の機能に加えて、どんどん進化している。
個人アカウントのSNSが基盤になっているWechatでは、友達として親族、親友以外にクライアント(法人)も入るが、プライバシー意識が高まることにより、Wechat上で自分の日常をあまり親しくない人々にさらけ出したくないユーザーが増えている。またWechatのプライバシー対策が不充分で、従業員の個人Wechatから会社情報が漏洩されるリスクが高いという観点から、中国の大手IT企業では従業員
に対して業務上のWechat使用禁止を実施している企業もある。
このような背景の中、Tencentは「企業Wechat」(企業微信)を提供している。弊社も利用しているが、バージョンアップする度に機能が増えている。
「企業Wechat」は企業がアカウントを申請して、アプリ内の各種機能を利用できる以外に、システム管理者側でセキュリティを確保できる状態で、営業活動の活性化をはかることができる。
グループチャット、オンライン電話会議、オンラインテレビ会議、支払機能、ミニプログラム利用等のビジネスコミュニケーションツールも利用できる。
下記の企業Wechatのカレンダー機能はGoogleカレンダーに負けないぐらい便利である。
会議タイトル、会議室、時間帯、主催者、参加者、アラーム機能、参加可否等も一目瞭然である。

 

テレビ会議機能は画面共有などができるので、高額なテレビ会議システムを導入する必要がない。(出所:企業Wechat HP)
更にTencentクラウド機能も利用できるので、データもクラウド管理できるのがとても便利である。
また、他社(サードパーティー)が運営しているサービスも「企業Wechat」と連結可能だ。例えばHRサービスではたくさんある給与計算、勤怠管理ソリューションから選択して「企業Wechat」に取り入れて利用することができる。
「企業Wechat」は現在390個の連結サービスを提供しているが、利用している企業数は250万社にのぼる。2020年はまたどのような新たな機能が利用できるか楽しみである。

 

 

 

( レポートは 2020 年 1 月 6 日現在の情報 )

専門家へのお問い合わせ

姜 香花

姜 香花
Kan Koka

唯来企業管理咨詢(深圳)有限公司 副総経理

PREV
本当にすごい営業マンは「売らない」?
NEXT
誰でもできる!「プチSDGs」!

ページトップへ