みらい経営者 ONLINE

経営課題の発見・解決に役立つ情報サイト

みらい経営者 ONLINE

  1. 新型コロナ対策と経営
  2. 新型コロナウイルス対策事例

Featured新型コロナ対策と経営

2020.02.28
新型コロナ対策と経営
  • 労務コンプライアンス
  • 人事

新型コロナウイルス対策事例

新型コロナウイルス対策事例…

なかなか、個別企業の実例を掲載することはできませんので、みらいコンサルティンググループでおこなった実際の対策を事例としてご紹介します。

 

 

〈出社優先業務の選定〉
みらいコンサルティンググループでは、「絶対に順守すべき期日があり、業務負荷調整、機密文書取り扱い等のために部署メンバーが出社する必要のあるもの」として、現在次のように整理しています。

①M&Aにおける契約締結、交渉業務
②返済スケジュール見直しなどの緊急資金繰り対応と調整が必要な業務
③給与計算業務
④個人確定申告を中心とする申告納税業務
⑤その他、部署リーダーが必要と認める業務

 

〈在宅勤務・時差出勤・外出時直行直帰の基本的考え方〉
みらいコンサルティンググループでは、在宅勤務・時差出勤の基本的考え方を次のように整理し伝達しています。

①社員や家族の不安を少しでも軽減する
②お客さまへの「品質」はぜったい落とさない、お客さまを不安にさせない
③出社対応が必要な業務を遂行する仲間のことも配慮するとともに、常に全体への貢献を意識する

 

その上で、以下を徹底しています。
①全員に予定がわかるように、スケジューラーに登録をおこなう
②在宅勤務・時差出勤については必ず上長の承認を得る
③機密資料については持ち出し禁止、重要資料については上長の判断のもと、許可を得て持ち出しとする

 

〈出勤の判断〉
みらいコンサルティンググループでは、毎朝、出勤前に検温実施を要請し、その上で熱がある、体調不良である、又は家族発症など濃厚接触のうたがいがある場合は上長へ報告、相談の上、在宅勤務もしくは休暇取得を指示するようにしています。

 

〈お客さまへの対応〉
みらいコンサルティンググループでは、お客さまのご意向を第一に考え、当面予定されている面談について実施可否を検討するとともに、面談が必要な場合も極力影響を最小化するために、訪問に伴う移動時のマスク着用はもとより、お客さまとの同席時にはマスク着用を業務命令として義務付けています。
あわせてTV会議やWEB会議などの代替打合手段をとることにより、お客さまのご要望に柔軟に対応する方針を取っています。

 

PREV
新型コロナウイルスへの対応FAQ
NEXT
新型コロナウイルス対策の基本的考え方①

ページトップへ