みらい経営者 ONLINE

経営課題の発見・解決に役立つ情報サイト

みらい経営者 ONLINE

  1. 別に継ぎたかったわけではありません。でも、今はこの事業の将来に夢があります。

Series事例紹介〜SDGs経営・Co-Creation等〜

別に継ぎたかったわけではありません。でも、今はこの事業の将来に夢があります。…

2019.10.21

別に継ぎたかったわけではありません。でも、今はこの事業の将来に夢があります。

別に継ぎたかったわけではありません。

でも、今はこの事業の将来に夢があります。ー 吉川食品株式会社

 

創業66年、北海道札幌と旭川の間、砂川という町に吉川食品はある。年に数回、道内のテレビで紹介されることはあるが、一般的に「よしかわ」という名前は知られていない。ただ、日本人であれば誰しもが口にしたことがある「おはぎ」。この世界では、大手スーパーチェーンのバイヤーを虜にしており、「知らずに食べたことがある」方は多いはずである。 その人気の理由は企業秘密だが、「原材料と製法」にはこだわっているそうだ。

そんな吉川食品の3代目社長、吉川幸宏氏は、学校を卒業後に同社に入社したものの、決 して仕事が面白いと思ったことがなかったという。そんな吉川氏を変えたのが、現在吉川食 品の取締役も務め、自身も業務用和菓子卸「なごみや」を経営する中村光宏氏との出会い だった。当時、和菓子店舗をFC方式で立ち上げる事業を創業、精力的な展開をしていた中 村氏と付き合う中で、「和菓子の可能性」「北海道の可能性」に目覚め、この仕事をするこ とに前向きになったという。

しかしながら、経営は安定しない。大手チェーンとの取引が増えれば増えるほど、経営は自由度を失い、いつしか負債も増えていくことになる。そうなると、ただでさえ地域の人口が減る中で、有望な人材を集めることも難しくなり、負のスパイラルに突入していく。そんな中、親しくしている先輩経営者に言われたひとこと、「あなたが社長をやりなさい。」、これで社長を継ぐことが決定した。

「別に継ぎたかったわけじゃないんです。でも、やる道しかなかったんです。」当時を振り返って吉川氏は語る。先行きの見えないマーケット、安定しない売上、季節変動に左右される工場。

そのような状態の会社に、もともと札幌でIT機器製造工場で働いていた吉田義孝氏が入社。工場が好きだから、という単純な志望動機だった。現在、吉川食品の取締役で工場長の 重責を担う吉田氏は淡々と語る。「工場にいたかったのに、営業もやらされました。ある取引先へいくのは死ぬほど嫌で、吐いたりしましたけど、あまり考えないようにしてなんとか乗り切ったから今があるのでしょうね。」現在は、工場の隅々にまで目配りし、小さな課題を日々改善しながら、吉川食品の心臓部である品質と製造を一手に支える。

若き日の吉川氏を前向きにさせた中村氏は、その後、国内外各地でビジネスを立ち上げる など、見識を広め、「なごみや」(旧社名:北の和みフーズ)にたどり着くかたわら、いつしか吉川氏の参謀として、吉田氏とともに吉川食品を支えている。当時のことを中村氏はこう語る。「FCで成功した後は海外をフラフラしたり、さまよいましたね。でもその経験がなかったら間違いなく今はないです。」

吉川氏、中村氏、吉田氏。個性が異なる3人に共通するものは、特段ないように見える。強いて言えば、気負いがない雰囲気だろうか。別に意図したわけではないが、絶妙の組み合わせで先代からの事業承継を乗り切ろうとしている。偶然のようにみえて、おそらくは必然。自然体で、片意地を張らないからこそ、今の3人の体制が出来上がったのだろう。

今後のビジョンについて、吉川氏は語る。「ようやく、前を向いて考えられるようになりました。夢は、菓子の総合カンパニーとなることです。畑で原料の栽培から販売まで全部。 もちろん、一人でやろうなんて思っていません。仲間を作って、よければ提携して、もっとよければグループ化しもていいですよね。」ー 情熱がないわけではない。ひとりの力、1社の力の限界を知る者は、あくまでも冷静に夢を見つめている。

「強烈なリーダーシップ」「溢れる情熱」「ヒット商品でブレークスルー」、事業承継の成功事例は華々しく語られることもあるが、中小企業の世界では、意外と吉川食品のようなケースも多いのではないだろうか。また、「地域循環型」「バリューチェーン全体最適思 考」、SDGsの要素を小難しくいうとこういえるのだろうが、決してそんな気負いはなく、 さらりと言ってみせる。常に厳しい事業環境にある中小企業こそSDGsを経営に取り込んでいるのではないか、とすら思える。

 

記事:下阪安勝(みらいバリュークリエイティブ)

画像提供:PIXTA

PREV
事例紹介「SDGsと経営」配信開始!
NEXT
国内だけでは「ゆでがえる」。だから海外で挑戦する…

ページトップへ