会社概要

代表メッセージ

総合・実行支援型のコンサルティングファームとして、さらなる社会貢献をめざしていきます。

当社は1987年の設立以来、「総合・実行支援型コンサルティングファーム」として、多様なコンサルティング業務に取り組んできました。経営課題を抱えるお客さまと中長期的な関わりを持ち、企業全体の視点に立って解決に貢献することを、自らの役割と考えています。その際、課題の解決策を提案するだけではなく「実行支援」までを行うことが、当社のサービスの大きな特徴です。

そうしたサービスを実際に担うのが、当社のスタッフである各分野の専門家たちです。強い自信と向上心にあふれたプロフェッショナルたちが、「お客さまの課題解決」というミッションのもとにチームを組み、お客さまにとって一番の方法を考えます。その際のベースとなるのが、仕事の進め方やノウハウなどの集大成である「みらい(MC)WAY」です。同じ価値観を共有してお客さまに寄り添い、責任を持って実行支援を行います。

組織のあり方を考える時に思い出されるのが、2016年のリオ五輪で銀メダルを獲得した陸上男子400メートルリレーの事例です。9秒台の個人記録を持つ選手が一人もいない日本チームが、個人の記録で上回る米国チームを相手に勝利を収めました。このように、個人の力量を磨いたうえで「チームワーク」を高めて成果を出すことが、日本の組織の良い伝統だと私は考えています。密接に情報を共有し、「協働」できる体制を築くことの大切さを感じながら、私たちはより良い組織のあり方を日々追求しています。

みらいコンサルティングは、「天才型」のプレーヤーを集めた組織ではありません。当社で活躍しているのは、チームプレーのなかで自分の最大の能力を発揮できる人材です。こうした人材が集まって強い使命感を共有しながら、お客さまへの貢献をめざして歩んできました。

会社設立30年という大きな節目を迎え、私たちはさらなる挑戦の時を迎えています。常にお客さまと同じ視点に立ち、お客さまの真の成長をサポートすることが、私たちの変わらぬ使命です。これからも社会への貢献をめざし、一層の努力を続けてまいります。今後も変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

みらいコンサルティング株式会社 代表取締役 久保光雄

会社情報