みらいコンサルティング

Topics

お知らせ

2019.07.18

拠点情報

深センと日本を結ぶビジネス拠点「MICS」オープニングセレモニーが行われました

中国・深センへの進出や連携を模索する日本企業向けシェアスペース「深圳未来創新服務中心」(MIRAI Innovation Center Shenzhen)が7月11日にグランドオープンしました

 

みらいコンサルティング株式会社(本社:東京都中央区、代表:久保光雄)は、中国・深圳市に進出や連携を模索する日本企業向けシェアスペース「深圳(セン)未来創新服務中心」(MIRAI Innovation Center Shenzhen/MICS)を設置し、2019年7月11日、グランドオープンいたしました。

当日は、サポート企業である、株式会社三菱UFJ銀行様、株式会社三井住友銀行様、株式会社みずほ銀行様をはじめ、多くのご来賓のもと開所式がおこなわれ、深圳湾創業広場を運営する深圳湾科技発展有限公司(深圳市投資控股有限公司グループ)様からは、多くの日本企業との連携に向けた熱い期待のメッセージをいただきました。

▲7月11日オープニングセレモニーの様子

▼MIRAI Innovation Center Shenzhen/MICS設置の背景と展望

現在ではアジアのシリコンバレーとも称される中国・深圳は、1980年に経済特区と指定されてから、最初は「世界の工場」として、そしてその後は情報技術と製造技術を融合した最先端の科学技術都市として、ファーウェイ(Huawei)、DJI(世界一のドローンメーカー)、テンセント(WeChatというSNS、決済機能など)といった世界的先進企業を生み出してきました。

近年では、進出や連携を企図して多くの日本企業が視察に訪れ、みらいコンサルティンググループ(2015年に深圳事務所を開設、翌2016年に唯来企業管理諮詢(深圳)有限公司を設立)においても、視察のアレンジ、進出手続きや提携交渉など各種ご支援をおこなってまいりました。

しかしながら、一過性の「視察」で終わっている日本企業もたくさんいること、さらには中堅中小企業にとっては進出・提携の実現にはまだハードルがあることを痛感しており、日本企業、そして、日本社会の活性化のために、もう一歩踏み込んだサポートを行うため、MICSを設置いたしました。

幸いにして、視察に来られた方が必ず訪れる、深圳湾創業広場の一角に、日本企業としては唯一のセンターとして開設することができ、今後、スピードの早い深圳で、『継続的・定点的に体感できる場と情報』をすべての日本企業に提供することで、大企業や中堅企業のさらなる活性化、中小企業の意識改革、スタートアップ企業のアクセラレートを企図しています。

▼MICSに関する詳細のお問合せ先(現地)

唯来企業管理諮詢(深圳)有限公司 姜(カン)香花<日本語可> TEL:86-135-3089-3085

公式サイトはこちら

ニュースリリースはこちら

 

お問い合わせ