みらい経営者 ONLINE

経営課題の発見・解決に役立つ情報サイト

みらい経営者 ONLINE

  1. リスクに備える経営
  2. セミナーレポート:Withコロナにおける採用成功に繋がる3つの法則(事前準備編)

8tipsリスクに備える経営

2020.08.17
リスクに備える経営

セミナーレポート:Withコロナにおける採用成功に繋がる3つの法則(事前準備編)

セミナーレポート:Withコロナにおける採用成功に繋がる3つの法則(事前準備編)…

今回は株式会社アドヴァンテージ水盛取締役をお招きし、コロナにおける採用成功にかかせない3つの法則について“事前準備編”ということでお話しいたしました。
求職者の視点に立つ、まさに「YOU視点」にて言語化を図ることが必要です。

まずは、働き方の見える化です。企業さまの視点では、なるべく多くの応募が集まるようにとの思いから、ペルソナ(対象とする人物像)の設定をせずに求人原稿を作成する傾向があります。すると、どこにでもある「抽象的な求人原稿」となっていまい、かえって応募がしづらい求人原稿となってしまいます。

抽象的な求人原稿とならないようにペルソナを設定し、働く職場環境・働き方、仕事内容を具体化することで求職者が応募しやすい状況を作りだす事が必要です。

 

 

次に選考内容・回数の見える化です。例えば会社理念に共感してくれる人材、かつスキルが高い人材が採用できれば理想ですが、採用難易度は格段に上がります。
このような人材は「待っていればいつか応募がある」と思っていると大間違いです。なぜならば、このような人材は他社でも当然ニーズがあり「引く手あまた」だからです。

であれば、答えは簡単です。会社理念に共感してもらえるよう入社後に「育成」すること、スキルを高めていけるよう「育成」することで「そもそもパイが少ない層を狙いにいかない」、というのも選択肢として考えることも必要です。

 

 

最後に求人原稿掲載方法の見直しです。Withコロナにおいて不用な外出が少なくなったことから、駅やスーパーなどにある求人情報誌を手にするより、WEBで求人検索エンジンにヒットした求人原稿を閲覧するほうが求職者も効率よく職探しができます。
しかしながら、Withコロナに対応できている企業さまはまだ少なく、求人検索エンジンに対応した採用HPを持ち合わせていなかったり、オンライン選考に未対応であったり、機会損失が多く見受けられます。
さらには、面接官がオンライン選考に慣れていないなど、現状に合わせた対応を早急におこなう必要があります。

 

 

みらいコンサルティングでは「ちょくルート」サービスを通じて中堅・中小企業における効率的な採用を提案します。何をやっても上手くいかない企業さまはまずはご相談ください。

 

いかがでしたでしょうか。“事前準備編”とはいえ、全てが完璧に実施できている企業さまは少ないと思います。リモートでのWEB選考やジョブ型雇用の検討など、Withコロナで変化している採用市場をぜひ一緒に乗り越えましょう!

 

▼本セミナーはこちらからご覧いただけます。

PREV
BCPのススメ
NEXT
業務での事故を防止するための7か条 「ヒヤリハット…

ページトップへ