みらい経営者 ONLINE

経営課題の発見・解決に役立つ情報サイト

みらい経営者 ONLINE

  1. セミナー情報
  2. 【セミナー終了】2024年補助金の最新動向解説セミナー

Seminarセミナー情報

【セミナー終了】2024年補助金の最新動向解説セミナー…

補助金の動向について解説!

【セミナー終了】2024年補助金の最新動向解説セミナー

開催日時 2024年2月15日(木)16:00~17:00
開催場所 みらいコンサルティンググループ東京本社
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン19階

または、オンライン(Zoom配信) 

講師紹介

石下 貴大 氏

石下 貴大 氏
行政書士法人GOAL 代表行政書士、一般社団法人行政書士の学校 校長
一般社団法人 AMA terrace理事

補助金助成金の検索サイトである「みんなの助成金」を開発、運営。5000社以上の企業が登録し、年間200件以上の補助金申請をサポート。500名以上の士業に補助金申請についての講座を提供。産業廃棄物や建設業許認可の専門家として実績多数。許認可後は経営相談役として支援。クライアントの成長を補助金や専門知識で支え、事業成功に寄与。
募集定員 ①来場(みらいコンサルティンググループ東京本社)定員:20名
②オンライン参加の場合100名(先着順)
定員になり次第締め切らせていただきます。
参加方法 参加費:無料

ー 選べる参加方式 ー

◆来場参加でお申込みの方◆
当日会場にてお待ちしております。(受付開始:15:40~)※事前にお申し込みが必要です。
受付にて、参加者様の「お名刺」を頂戴しております。ご持参のうえお越しくださいませ。
★来場参加の方は、セミナー終了後、17時頃より名刺交換のお時間を予定しております。
情報交換の場としてぜひご活用くださいませ。(30分程度/自由参加)


◆オンライン参加でお申込みの方◆
お申込み時にメールでご案内いたします「zoom登録アドレス」よりご参加ください。

・スマートフォンやタブレット端末からご参加の場合は、zoomのアプリをダウンロードする必要があります。
・zoomの使い方及びアクセスの不具合に関してサポートができない場合がございます。
・通信費はご参加者様負担になります。
予約方法 下記の「セミナー参加フォーム」からお申し込みください。

お申し込みいただいた方へ、詳細のご案内をメールにてお知らせします。
※もし、1時間以内に返信メールが届かない場合は、お手数ですが、
メールアドレスをご確認のうえ再度お申込みいただくか、

セミナーお問い合わせ まで、ご連絡いただきますようお願いいたします。


・同業他社及び個人でのご参加はご遠慮ください。
・録音及び、録画は禁止とさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
複数名でのお申込みの場合は、お手数ではございますが、
それぞれ個別のメールアドレスごとに、お申込みいただきますようお願い申し上げます。
個別のメールアドレスが無い場合は、備考欄にご記入ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※お申込み後のキャンセルについて
【キャンセルフォーム】より、お手続きをお願いいたします。

新たなビジネス展開やプロジェクトの実現を考える上で、補助金は重要な支援手段となっています。しかし、補助金の獲得方法は常に変化しており、その動向を把握することが成功の鍵となります。

本セミナーでは、最新の補助金のトレンドや変化に焦点を当て、参加者が効果的に補助金を活用し、ビジネスの成果を最大化するための情報を提供します。ぜひご参加ください。

 

プログラム

●補助金の基礎知識
●これまでの補助金のトレンド解説
●補助金の申請フローと要注意ポイント
●補助金の展望と戦略的アプローチ

 

 

■共催

みらいコンサルティンググループ
一般社団法人AMA terrace
行政書士法人GOAL
一般社団法人行政書士の学校

 


 

【みらい経営者ONLINE  関連記事】
令和4年から事業再構築補助金はこう変わる!
小さいのに大企業!?補助金・助成金の申請で知っておきたい企業規模

 

AMA terraceは実績と信頼のある日本有数の各分野の経営支援プラットフォームが集結する「経営支援プラットフォームのプラットフォーム」です。地域の企業を「志業」が支え、地域経済を支えるすべての企業のサステナブルな経営を実現します。
●一般社団法人 AMA terrace の詳細・お問い合わせはこちらから

セミナー参加フォーム

こちらのセミナーは終了いたしました。

PREV
【セミナー終了】バックオフィスDXを成功させるポイ…
NEXT
人手不足時代における「大手企業人材」の活用

ページトップへ